インタビュー

堤祐也
interview

活躍中の社員堤 祐也

常滑駅前店新店長 / 中途入社

志望動機、きっかけは?(入社前と今の心境の変化)

私は学生時代マルスでアルバイトを4年経験しました。
その後、証券会社に入社することになったのですが、マルスに転職というか、出戻りしちゃいましたね(笑)
アルバイト時代に経験した、トップとの距離が近い社風が好きで、社員さんの働き方を見ていると、
ここでもう一度働いてみたいと思えるような、あたたかい人間関係がそこにありましたし、
「マルスの方がよかったな。」という思いがずっと頭の片隅にありましたね。

マルスの強み、またはどんな会社だと思う?

一言、強みだらけですよ。(笑)
例えば、マルスは品揃えは少ないと思われることがあるかもしれませんが、
お客様が本当に必要としているものを、選りすぐって販売しています。
従業員はお客様のカゴを見たり、お客様の思考を真剣に考えたりもしてますからね。
他には、購買意欲を高める為にわざと、凹凸に並べたりしていることもユニークですし、
売り場のインパクトも付加価値だと思っています!
そしてマルスは、従業員同士の繋がりは絶対に他社には負けません。
困った時には、みんなが親身になって助けてくれるファミリー感溢れる職場なんです!

マルスへの想い

入社当初は、前職の「自分が結果を出さなければならない」という考えが残っていたので
専務と部長からは、仲間と協力して結果を出していく事の大切さを、時には厳しく、
愛情あふれる指導により、考え方を改めることが出来ました。
今ではマルスという会社がとても好きで仲間と一緒に頑張っていきたいと自然に考えられるようになりました。

働いている堤祐也

マルスで働いてよかったこと

朝は早いかもしれませんが、その分早く帰れますよ。(笑)
だから家族との時間も他社よりも多く取れるので、僕はいい環境だと思っています。
仕事が早く片付いたり、現場で任せられる人が出来たりすれば、ライフワークバランスを意識した仕事ができます。
「土日だから休んではいけない」ということはないですし、どうしても休みが取りたいというのであれば取れます。
売り場が回っていけば問題ないってことです。(笑)
そういう環境や可能性を自分で作っていけばいいですし、全て自分次第です!

マルスで得られたこと or 得られること

マルス入社後、家族を持ったことでさらに考え方が変わりました。
「協力し合う。人を大事にする。家族を大事にする。」ということを頭に叩き込まれましたね。(笑)

前職だとお客様を大事にするという考えが浅く、どちらかといえば、会社本位でした…
当たり前の話ですが、証券会社では自分は営業だったので、お客様のところに伺っていましたが、
スーパーではお客様が来店されるのを待ち構える立場です。
そこで、売り場での表現や工夫をすることで、ダイレクトに売上が左右されるのを見る事が
楽しいし、なんと言ってもやりがいを感じます。

個人的な目標は?

新店舗で店長となることが決まっています。
さらに仕事と家庭の両立をしていきたいですね。
自分が見本となってお店を作り上げていくことで、従業員も付いてきてくれると思います。
ずっと「家族を大事にしなさい」とマルスから教えてもらってきたので、
部下にもそういう環境を作っていってあげたいです。
子どもの行事が土日にあるのに、なかなか言い出せない雰囲気ってイヤですよね?
むしろ「是非行って来い!」と笑顔で送り出せるような職場にしていきたいです!

PageTop